• HOME
  • 効果・窓用フィルム
  • 料金
  • Q&A
  • お問い合わせ

価格

1㎡当たり 19,440円
(材料費・施工費すべて込み)

施工面積が一定以上になる場合や、ハウスクリーニングサービスと同時にお申し込みいただく場合などは、上記金額よりお安くさせていただきます。

窓用フィルムについての説明

  • フィルムの種類によっては、見る角度によって色を帯びて感じられることがあります。また、フィルム表面を斜めから見た時に、若干の画像のゆがみや虹模様が見える場合があります。これは、フィルム表面に施したハードコートによるものです。ハードコートは清掃などによるフィルム表面の経年的な傷付きを抑制するためのもので、長年にわたって美しいフィルム外観を保つために必要な機能です。
  • フィルムの耐久性は内貼りでしようした場合、垂直面で10~15年、垂直面以外では5~7年が目安となります。使用環境が過酷な場合には、寿命が短くなったり、外観や性能の劣化が生じることがあります。ただし、住友スリーエム社製のフィルムは、粘着剤に再剥離性があるので、年月が経過してもフィルムを剥がすことができます。
  • 窓ガラスの外縁部(サッシ枠やシーリング材)と窓用フィルムには所定の隙間を開けることで剥がれ等を防ぎますので、1~3mm程度の隙間が開くことをご了承ください。同様に、2枚のフィルムを突き付け貼りする場合(窓ガラス幅が大きい場合など)にも隙間ができます。

日常のご注意

  • フィルム面に硬い物が接触すると表面に傷が付く可能性があります。金属などで引っ掻いたりしないようにご注意ください。
  • フィルム表面にステッカーやシールを貼ったりマジックなどで書いたりしないでください。

施工後のお手入れについて

フィルム表面に汚れを付着させたままにするとフィルムの劣化が早くなります。
また、汚れによって反射率などの性能がていかします。フィルムの性能を維持するため、定期的に清掃を行ってください。

  • ゴムスクイジーや濡らした柔らかい布で軽く水洗いしてください(乾拭き厳禁)。
    1. 汚れがひどい場合は、中性洗剤を使用してください(アンモニア系、塩素系」、有機系洗剤は使用しないで下さい)。
    2. 砂ボコリ・金属粉・鋭利なホコリ等が付着している場合には、事前に水や十分に水を含んだ布などで洗い流しておくことをおすすめします(無理にこするとフィルムを傷つけます)。
    3. 窓ガラス清掃用のゴムスクイジーを使用する際には、ゴムスクイジー本体の金属部分(特にエッジ部分やボルト)がフィルムに接触しないよう注意してください(フィルムの硬度は2Hの鉛筆と同等程度です)。
    4. フィルムの表面は必ず一方向に拭くようにしてください(往復や円運動をしない)。
  • ブラシや研磨剤等は使用しないでください。
    1. ブラシ・研磨剤・研磨剤の入ったスポンジ・砂ボコリなどで汚れている布も、フィルムを傷つける原因になります。